1万円から気軽にFXを始めるラボ

FX少額で取引するために重要なポイントは

少額 FXをする時にはある程度まとまったお金が無いと、できないと思っている人も多いのではないでしょうか。
資金量というのは投資をする上で大きな武器になるのは事実ですが、だからといって少額の資金では投資をすることができないということにはなりません。
ただし、選択肢が狭まったしまうというのは間違いないことなので、少額の資金で投資をするのであれば投資先をよく選ぶことになります。

 

少額の資金で取引をする時に最適なものとしては、FXがありますがFX少額で取引するためにはしっかりと抑えておくべきポイントがあります。
FX少額で取引するために重要なポイントというのが、売買の取引単位が小さな業者を選ぶことで取引単位が小さくなければ、FX少額で取引をすることができません。
少し前までは取引単位が1万通貨からという業者も多かったのですが、それまでのFXの取引環境を考えればこれでも大分取引をしやすいものとなっていました。
1万通貨単位であっても10万円程度あれば取引をすることは可能ですが、1円動くごとに1万円の損益が発生しますから少し逆に動けばすぐに資金を失ってしまうことになるため資金が少ない人にとっては、1万通貨からの取引というのは負担の大きなものとなってしまっています。
しかし、最近では更に取引単位の小さな業者が増えてきて1000通貨単位や100通貨単位といった少ない量から取引をすることができる業者があるため、そのような業者を選んで取引をすることで少額の資金でも満足の行く資産運用をすることができるようになっています。
業者を選ぶポイントとしてはそれ以外にも様々なポイントがありますが、少額で取引をすることを目的とするのであればまず取引単位が小さな業者を選ぶことがもっとも重要となってきます。
そのため、少額の資金で取引を考えている時にはまず取引単位がいくらからになっているのかをチェックして、業者選びをしてみるとよいでしょう。

 

 

先日私は、現在口座を持っている金融会社からメールを受け取りました。状況によっては追証になる可能性もあるので、気をつけた方が良いですというニュアンスのメールです。
ちなみにそれは、現在の私の資産に何か危機的状況が発生している訳ではありません。全ての口座保有者の方に対して、一斉メールを送信しているようなのです。
ところでそのメールが送信された日が、ちょっと特徴的ですね。祝日だったのです。恐らくそれが理由で、わざわざメールが来ていたのではないでしょうか。
というのも祝日は、不測の動きが発生しやすくなるのですね。数年間この金融商品で売買をしているのですが、祝日の動きは本当に独特だと思います。
まず祝日は、若干動きが少なくなりがちなのですね。いつもの平日であれば何らかの勢いを感じる状況が多いのですが、祝日になりますと本当に動きがありません。
しかし祝日であれば全く動きが発生しない訳ではなく、突然の大きな動きが発生する事もあるのですね。それもかなりの勢いでの動きです。長らく破られていなかったトレンドラインが、祝日に破られる事もあります。
つまり祝日は、ちょっと危険な一面があるのですね。普段よりも少々売買がやりずらいタイミングなので、損失が発生する確率も高まるのでしょう。それで前述のような追証が発生しやすくなる傾向があり、わざわざFXの会社からメールが届いていたのではないかと思います。
思えばゴールデンウィークなどもそうですね。そのタイミングではレート自体は動いているのですが、やはり上記のような変則的な動きになりがちなのです。金融業界では、そのタイミングではできるだけ売買が行わないのがベターとのセオリーがあるのですね。
基本的に祝日やお休みのタイミングでは、FXの売買は控える方が無難でしょう。そうでないと本当に追証が発生する可能性があるので、気をつける方が良いですね。

 

 

FXの売買のやり方などを深く勉強する事ができるパンフレット

 

金融会社は、よく商品案内のパンフレットを用意しています。FXにも、そのようなパンフレットがあるのですね。
金融会社のホームページを見てみますと、たまに資料を請求するためのボタンが設置されています。そのボタンをクリックして色々情報を入力すると、今度は送信のためのボタンが設置されているのですね。それもクリックして金融会社に情報を送信しますと、無料でパンフレットを送ってくれるのです。
パンフレットのメリットですが、商品の内容が分かりやすく明記されている事です。確かに金融会社のホームページなどでも、商品の内容などは明記されています。
しかしパンフレットは、それよりもさらに細かい情報が記載されている事があるのです。ですので各会社の特徴を知りたい時には、色々な所からパンフレットを取り寄せてみるのも良いでしょう。それで色々な会社を比較してみて、一番良さそうな所を選んでみるのが良いと思います。ある意味、それは王道ですね。
ところでFXのパンフレットを取り寄せるメリットとしては、セオリーに関する勉強もあります。というのもその書面には、かなり興味深い内容が記載されている事があるのです。
私は以前に、ある会社からその資料を取り寄せてみた事があります。そして、とても感動したのですね。
ちなみに届いたパンフレットは、比較的分厚いものではあります。ページ数にすると、100くらいでしょうか。ですのでちょっと読むのは大変だった記憶はあります。
しかしそれを考慮しても、私はあのパンフレットはなかなか素晴らしかったと思うのです。目からうろこが落ちるようなセオリーが書かれていたので、とても勉強になりました。
つまりFXの会社からパンフレットを取り寄せると、その商品に関する深い勉強をする事ができる訳ですね。しかもそれを無料で入手する事ができます。
有料のパンフレットであれば、ちょっとそれを取り寄せるのは躊躇するかもしれません。しかし無料なのですから、比較的請求しやすいでしょう。セオリーの勉強をする為にも、遠慮無く取り寄せてみるのが良いと思います。

 

 

FXで20回や30回の連敗は全く普通との知人の意見

 

投資では、たまに連敗が発生します。どれだけセオリー通りに動いていても、負けが連続してしまう事があるのですね。
それで私の知人も、とても興味深いことを話していました。連発の回数は、非常に多いのだそうです。1回や2回ではありません。
多くの方々は、少ない回数の負けで落ち込んでしまう傾向があります。例えば損切りが10回くらい続けば、かなり不調だと思い込んでしまうのですね。確かにFXで10回くらいの損切りが発生すると、やはり落ち込んでしまうでしょう。その気持ちはとてもよく分かります。
ところが上記の知人によると、10回くらいでは全く不調の内に入らないのだそうです。もっと多くの回数で負けトレードが発生する事があるようなのです。
ちなみに知人は、かなり取引の経験は長いです。すでに10数年以上はその金融商品で売買をしているのですが、それだけに負けの数も非常に多いのですね。
今までのは最高記録は、40回くらいだそうです。すなわち40連敗をしていた事になります。途方もない数ですね。
そして知人によると、20連敗や30連敗などというのは全く珍しくないのだそうです。むしろ頻繁に発生するようなのですね。逆に10連敗などは、至って普通との事です。
20連敗などを1回も経験した事が無い方にとっては、確かにそれだけ多くの負けが発生すると、ちょっとショッキングでしょう。まして30連敗ともなると、さらに大きなショックを受けてしまうと思います。しかし知人からすれば、それは全く普通なのですね。
つまりFXで連敗が発生するのは、別に珍しくない訳ですね。ですのでその連敗に慣れる事は、やはり必要だと思います。何をどうあがいても連敗が発生する事があるのがFXなのですから、やはりその連敗の回数に関するメンタルの問題は、何回も経験して慣れる他ないと思います。最初の内は大変かもしれませんが、逆にその連敗に慣れたら、そろそろ上級者なのではないかなと思う次第です。
この金融商品は、連敗を経験する事も必要なのですね。

投資をするとなると、履歴の確認が必要な事はしばしばあります。履歴は、非常に大切だと思うのです。
そもそも私達は、たまに自分のやり方が正しいかどうかを見極める必要があります。それを調べるためには、過去データがあると非常に便利なのですね。過去データには自分のやり方が全て記録されているのですが、それを客観的な視点で俯瞰してみれば、自分の段取りが正しいか否かを確認できるケースは多々あります。
FXもそれは同じですね。自分のやり方を見極めるためには、やはりその過去データを見てみる方が、だいぶ精度が上がると思います。
ところで外貨を用いる商品は、FXだけではありません。外貨預金もその1つになります。
その商品で売買をする時にも、やはり自分の過去データを見る方が良いと思うのです。積極的な売買のためにその預金商品が利用されるケースも多々ありますが、やはり時には軌道修正などは必要になります。それを行うためには、前述のように過去データが閲覧するのが好ましいのですが、この預金商品は少々時間がかかるのです。それがこの商品のデメリットの1つですね。
例えばある金融会社の場合、履歴が確認できるのは当日の17時以降になります。ですので例えば、3月16日に自分の過去データを確認したいと思ったとしましょう。そして時刻は12時頃だったとします。その場合は16日の17時まで待つ必要があるのです。最低5時間待たなければなりません。
ところがFXの場合は、もっと速やかに自分の過去データを確認する事ができます。16日の12時頃に確認したいと思ったら、もう直ちに確認できるのですね。少なくとも17時になる事は、まずありません。
つまりそれが、FXのメリットの1つと言えます。自分の売買成績などは、いち早く確認できるに越した事が無いでしょう。その方が軌道修正も早くなると思われるからです。
スピーディーに確認できるという意味では、預金商品よりもメリットが大きいと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/20 10:45:20

FXとして取り扱う際、お金を銀行に預けないで直接的に専門の会社にお金を投資します。会社を介して、外貨を売買しながら利益を獲得するシステムです。会社に預けた外貨の売買を証券会社などの専門の会社が代行して、利益から手数料を引いた分を投資した人に還元する仕組みになっています。
FXの取引に欠かせないのが証拠金で、取引の中で発生するお金は銀行などの口座に預け入れないで、取り扱っている会社の口座に入出金をして、資金を担保にしながら売買を会社から代行してもらいます。利益が発生した場合には、口座の中にある証拠金に発生した利益の分を付け足していく仕組みです。一方で、損失が出た場合は預けていた証拠金から損失が出た分を差し引く処理が行われます。
外貨の預金と仕組みが異なって、FXは投資した資金を証拠のお金として扱う事が特徴です。証拠のお金を担保として取り扱って、外貨として売買しながら利益を得て行きます。儲けを大きくするためにレバレッジというシステムで資金の額を増やして、取引をする事も可能です。レバレッジを上手く活用して、小額の資金でも大きなリターンを得られる事がメリットです。
取引を行う過程では、取引の最中に決定するお金の額やコストなどの多数の組み合わせがあります。
FXの取引に掛かる手数料は、1ドル当たりで換算すると1銭程度になって、コストを最小限に抑えられる事が特徴です。インターネットで取引を行うと、10銭程度の手数料が掛かります。ドルやユーロなどの通過で取引をしたとしても、1ドルで換算すれば1銭から10銭の手数料で済む事で、手数料に負担を感じない事がメリットです。
お金を預金した場合に万が一FXの会社が倒産をしたとしても、預けたお金に関しては基本的に信託銀行で管理されていて、直接的には投資したお金が無くなる事はありません。返還の請求を行う際、倒産の対象になったFX会社から預けたお金を請求するのではなくて、信託銀行などに預けたお金の返還の請求をします。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:47:28

欧州時間に豪ドル円の買いポジションを1枚持ちました。95円割れになった位置は日足で見たとき、反発率が高く、あまり来ない絶好のポイント。自信を持って拾い、損切りを94.50にセット。ポジションを持ってから1時間は含み損がエントリーしたときと変わらないくらいで大丈夫だったのですが、5時間後には94.50近い位置まで行ったことが判明。運良く損切りにかからずに反転。ひやひやしました。心の中で、買いを入れていたときはすぐに含み益になってましたが、本当に決断してポジションを持つと、かなり逆行するものです。ついてな~い。いつものパターンです。価格操作されてるみたいに遠い場所に行ってしまう。翌朝、ポジション状況を確認すると含み損が20pips以内におさまってました。実際は40pips近い逆行をしたから、それを考えるとまだいいほうですね。フフッ(*^.^*)ポジションを持ってから逆行した場合の私の心の変化は、いつも規則正しいほど決まった道をたどります。まず5pips逆行すると、理想的なエントリーが出来なかったのかな?って思います。だけど、それくらいなら誰でもあるよね。そんな上手にエントリーするのは至難の技だと思うから気にすることないよ!って自分に言い聞かせます。戻ってこないで10pips逆行した場合、嫌でも理想的なエントリーが出来なかったことを受け入れます。それから20pipsになると、最初の5pipsの逆行は大したことじゃないように思えます。少しでも値が戻ってくれたらそんなありがたいことはない!って願うばかりです。戻らずに逆行して、ついに損切りポイントに近づいたら受け入れる準備。ここが一番辛くなる場面。そして、ついに損切りになると、やっと勝負がついたんだと解放されます。めちゃくちゃなポジションを持っていない限り。それでいつも思います。損切りになるのが嫌で、ポジションを有利な方向に導いてくれると思うポイントでエントリーするんだけど、持った後は、常に損切りの危険と隣り合わせだから、結局怖い。その時は、損切りが一番恐ろしい存在なんだけど、損切りになってふと気付く。実際は、なるのではないかとの想像が怖いんだと思う。

 

続きを読む≫ 2015/07/28 14:47:28

一人の通貨の選択が為替レートに影響を大きく与えることがないように、為替レートとは民意の総意であるといえます。
一人の一人の選択が円、ドル、ユーロなどの通貨の価格を決めています。
そういう風に考えると、FXはそれだけ世間の風を読んだものといえて、ある意味簡単なもののように思います。
それではそういう世間の風を生み出す原因になるものとは何でしょう。
まず一つは経済の流れであり、国の銀行が金利を上げたり下げたりすることや、金融緩和といいマーケットにお金を放出したり、積極的か消極的かなどにより発生するものです。
二つ目は政治家や経済界の要人たちの動きや発言からです。
大統領や首相、大臣、また経団連会長などの権利者の動きや発言はマーケットに過敏に反応させることが多いです。
三つ目は、災害や事件などからで、自然災害であってもその国の通貨の価値を下げる要因になりますし、事件であっても国際的に震撼させることならば通貨不安へつながる場合があります。
四つ目は、国際的なイベントによる為替レートへの影響です。
大きなスポーツイベントなどがある国の通貨はその年まで上がり続けることが多いです。
インフラ整備など、また外国から注目がありお金が集まりやすい傾向にもあり経済が好調になりやすいです。
オリンピックを成功させた中国や、それを控えているブラジルなども経済が勢いがあるように、気持ちから経済が変わることもあるようです。
そのように経済や為替レートを動かしている原因を分解していくと、FXのことがより面白くなります。
単に数字の変動と思っているようでは、もったいないです。
もっとその分析しておくことで、自分が為替レートへ興味を持つきっかけになり、FXトレーダーとしての価値を高めることになるでしょう。
見方を変えていくと、トレーダーとしての生き方も変わるはずですし、経済はミクロ経済などということもあるように、小さくても一人一人の選択が通貨の価値を支えています。

自分もその一人であると同時に、自分以外の人の動きを読むことがFXトレーダーの醍醐味です。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:47:28