FXで変わる経済の見方

FXで変わる経済の見方

FXで変わる経済の見方

 

一人の通貨の選択が為替レートに影響を大きく与えることがないように、為替レートとは民意の総意であるといえます。一人の一人の選択が円、ドル、ユーロなどの通貨の価格を決めています。そういう風に考えると、FXはそれだけ世間の風を読んだものといえて、ある意味簡単なもののように思います。それではそういう世間の風を生み出す原因になるものとは何でしょう。

 

まず一つは経済の流れであり、国の銀行が金利を上げたり下げたりすることや、金融緩和といいマーケットにお金を放出したり、積極的か消極的かなどにより発生するものです。二つ目は政治家や経済界の要人たちの動きや発言からです。大統領や首相、大臣、また経団連会長などの権利者の動きや発言はマーケットに過敏に反応させることが多いです。

 

三つ目は、災害や事件などからで、自然災害であってもその国の通貨の価値を下げる要因になりますし、事件であっても国際的に震撼させることならば通貨不安へつながる場合があります。四つ目は、国際的なイベントによる為替レートへの影響です。大きなスポーツイベントなどがある国の通貨はその年まで上がり続けることが多いです。インフラ整備など、また外国から注目がありお金が集まりやすい傾向にもあり経済が好調になりやすいです。

 

オリンピックを成功させた中国や、それを控えているブラジルなども経済が勢いがあるように、気持ちから経済が変わることもあるようです。そのように経済や為替レートを動かしている原因を分解していくと、FXのことがより面白くなります。単に数字の変動と思っているようでは、もったいないです。もっとその分析しておくことで、自分が為替レートへ興味を持つきっかけになり、FXトレーダーとしての価値を高めることになるでしょう。

 

見方を変えていくと、トレーダーとしての生き方も変わるはずですし、経済はミクロ経済などということもあるように、小さくても一人一人の選択が通貨の価値を支えています。自分もその一人であると同時に、自分以外の人の動きを読むことがFXトレーダーの醍醐味です。