短い期間で利益が狙えるFXの特徴

短い期間で利益が狙えるFXの特徴

短い期間で利益が狙えるFXの特徴

 

FXとして取り扱う際、お金を銀行に預けないで直接的に専門の会社にお金を投資します。会社を介して、外貨を売買しながら利益を獲得するシステムです。会社に預けた外貨の売買を証券会社などの専門の会社が代行して、利益から手数料を引いた分を投資した人に還元する仕組みになっています。

 

FXの取引に欠かせないのが証拠金で、取引の中で発生するお金は銀行などの口座に預け入れないで、取り扱っている会社の口座に入出金をして、資金を担保にしながら売買を会社から代行してもらいます。利益が発生した場合には、口座の中にある証拠金に発生した利益の分を付け足していく仕組みです。一方で、損失が出た場合は預けていた証拠金から損失が出た分を差し引く処理が行われます。

 

外貨の預金と仕組みが異なって、FXは投資した資金を証拠のお金として扱う事が特徴です。証拠のお金を担保として取り扱って、外貨として売買しながら利益を得て行きます。儲けを大きくするためにレバレッジというシステムで資金の額を増やして、取引をする事も可能です。レバレッジを上手く活用して、小額の資金でも大きなリターンを得られる事がメリットです。

 

取引を行う過程では、取引の最中に決定するお金の額やコストなどの多数の組み合わせがあります。FXの取引に掛かる手数料は、1ドル当たりで換算すると1銭程度になって、コストを最小限に抑えられる事が特徴です。インターネットで取引を行うと、10銭程度の手数料が掛かります。ドルやユーロなどの通過で取引をしたとしても、1ドルで換算すれば1銭から10銭の手数料で済む事で、手数料に負担を感じない事がメリットです。

 

お金を預金した場合に万が一FXの会社が倒産をしたとしても、預けたお金に関しては基本的に信託銀行で管理されていて、直接的には投資したお金が無くなる事はありません。返還の請求を行う際、倒産の対象になったFX会社から預けたお金を請求するのではなくて、信託銀行などに預けたお金の返還の請求をします。